金利を比較する

消費者金融の金利はどこも同じではありません。法律によって上限が定められているのですが、その範囲内であれば自由に決めることができるのです。そのため、それぞれの消費者金融ごとに微妙に金利は異なっています。

金利利息制限法や出資法という法律があり、これによって消費者は守られています。金利を取り締まっているからです。利息制限法では金利の上限が20%までと定められています。出資法でも同様です。また、利息制限法では10万円未満の借り入れでは20%が上限なのですが、10万円から100万円未満では18%となっており、100万円以上の場合は15%となっています。

基本的にどこの消費者金融でも上限は18%とされていることが多いです。ただし、中には18%を下回る上限金利を設定しているところもあるため、チェックしておきましょう。上限金利の低い消費者金融であれば、お金を借りたときの利息をできるだけ低くすることができるでしょう。

最低金利については高額のお金を借りなければ基本的に適用されないため、あまり注目する必要はないでしょう。数百万円というお金を借りるのでなければ適用されず、そのようなお金を消費者金融から借りようとする方はなかなか少ないでしょう。

金利についてはホームページで簡単にチェックができます。ネットを利用していろいろな金利を比較しましょう。


Pocket

Published by admin