無利息サービスを活用

消費者金融の利用でできるだけ金利を低くしたいならば、無利息サービスを利用するという方法があります。消費者金融の中にはこの無利息サービスを実施しているところが少なくないのです。これはお金を借りたあとで無利息期間というものが設定されており、その期間内にお金を返済することができれば利息がかからないというものです。これを活用することによって、早くお金を返済すれば利息を支払う必要がなくなるのです。

無利息期間ただし、無利息サービスの内容については、それぞれの業者で異なっているため注意しましょう。たとえば無利息期間については1週間と短い場合から1ヶ月と長い場合があります。条件としては、初回に限って無利息期間が適用されたり、何度でも利用できるという場合もあります。ポイントサービスを用意している消費者金融では、ポイントを消費することで無利息期間を適用してもらうという方法もあります。

これから初めて消費者金融を利用するという方は無利息期間を上手く活用すると良いでしょう。そうすれば、金利の負担をなくすことができるのです。たとえば次の給料日にすべてのお金を返済することができるならば、無利息サービスを有効活用することができるでしょう。

<関連リンク>NOLOAN / 無利息キャッシング利用


金利を比較する

消費者金融の金利はどこも同じではありません。法律によって上限が定められているのですが、その範囲内であれば自由に決めることができるのです。そのため、それぞれの消費者金融ごとに微妙に金利は異なっています。

金利利息制限法や出資法という法律があり、これによって消費者は守られています。金利を取り締まっているからです。利息制限法では金利の上限が20%までと定められています。出資法でも同様です。また、利息制限法では10万円未満の借り入れでは20%が上限なのですが、10万円から100万円未満では18%となっており、100万円以上の場合は15%となっています。

基本的にどこの消費者金融でも上限は18%とされていることが多いです。ただし、中には18%を下回る上限金利を設定しているところもあるため、チェックしておきましょう。上限金利の低い消費者金融であれば、お金を借りたときの利息をできるだけ低くすることができるでしょう。

最低金利については高額のお金を借りなければ基本的に適用されないため、あまり注目する必要はないでしょう。数百万円というお金を借りるのでなければ適用されず、そのようなお金を消費者金融から借りようとする方はなかなか少ないでしょう。

金利についてはホームページで簡単にチェックができます。ネットを利用していろいろな金利を比較しましょう。


そもそも金利とは

消費者金融では低金利でお金を借りたいという方が多いでしょう。それでは、そもそも金利とは一体どういうものなのでしょうか。

金利金利というのはお金を借りたときにそれを返済する際に支払う利息の割合を示したものです。基本的には年利として表示されていることが多いです。たとえば金利が3%であれば、10万円を1年間借りた場合の利息は3千円となるでしょう。ただし、実際には毎月元金を返済していくことになり、元金が減っていきます。その都度利息が計算されていくため、支払うことになる利息の額は毎月減っていくでしょう。

金利は少し違うだけでも利息の額に大きな影響を与えるものです。金利が高くなるほど返済する際の利息の負担も大きくなります。基本的に借りたお金が少額になるほど金利が高くなる傾向になります。そのため、消費者金融では金利がたとえば3%から18%というように幅のある数字で示されていることが多いです。ほとんどの方は消費者金融で少額しかお金を借りないため、金利はかなり高くなるでしょう。

消費者金融を選ぶ際にはそれぞれがどのくらいの金利を設定しているのかチェックしてみましょう。この金利は手数料のようなものであり、これが消費者金融にとっての利益となるのです。


低金利の消費者金融

誰にでもいざというときはあるものです。そんなときにお金を気軽に借りることができるサービスがあれば重宝するでしょう。たとえば給料が減ってしまい毎月の生活費を捻出するのに苦しんでいる方がいます。あるいは欲しいものがあるのになかなか買えないという方もいるでしょう。突発的に大きな出費が生じそうになり、そのお金を準備することができなくて悩んでいる方もいます。このような状況のときに消費者金融というのはとても便利な存在なのです。

消費者金融消費者金融であればすぐにお金を貸してくれるでしょう。安定した収入があることが条件となっているのですが、それさえ満たしていればお金を気軽に貸してくれるのが消費者金融という存在なのです。保証人を用意する必要はなくて、担保も必要ありません。少額の融資を理由を説明することなく借りられます。いつでも気軽にちょっとしたお金を借りられるサービスはとても便利でしょう。

ただし、消費者金融についてはお金を借りて返済するときには利息分も支払わないといけません。これはお金を借りるときに金利というものが関わってしまうからです。金利によって計算される分の利息も手数料として返済しなければいけません。この金利に苦しんでいるという方も多いのです。

そこでこちらでは消費者金融を利用する際に低金利でお金を借りるための方法について紹介しましょう。できるだけ金利を低くすることができれば、お得にお金を借りられるのです。
そのためのポイントをまとめました。