そもそも金利とは

消費者金融では低金利でお金を借りたいという方が多いでしょう。それでは、そもそも金利とは一体どういうものなのでしょうか。

金利金利というのはお金を借りたときにそれを返済する際に支払う利息の割合を示したものです。基本的には年利として表示されていることが多いです。たとえば金利が3%であれば、10万円を1年間借りた場合の利息は3千円となるでしょう。ただし、実際には毎月元金を返済していくことになり、元金が減っていきます。その都度利息が計算されていくため、支払うことになる利息の額は毎月減っていくでしょう。

金利は少し違うだけでも利息の額に大きな影響を与えるものです。金利が高くなるほど返済する際の利息の負担も大きくなります。基本的に借りたお金が少額になるほど金利が高くなる傾向になります。そのため、消費者金融では金利がたとえば3%から18%というように幅のある数字で示されていることが多いです。ほとんどの方は消費者金融で少額しかお金を借りないため、金利はかなり高くなるでしょう。

消費者金融を選ぶ際にはそれぞれがどのくらいの金利を設定しているのかチェックしてみましょう。この金利は手数料のようなものであり、これが消費者金融にとっての利益となるのです。


Pocket

Published by admin